2018年06月18日

自然栽培田んぼ除草



6月前半はずっと除草機に乗ってました。

このとき雑草を見る前に除草除草とやっていくのが

一番効果的な除草方法です。

もう雑草が出てたら効果はかなり落ちます。



歩行型やチェーンも入れて田んぼに合わせて除草機を入れました。

除草剤があるとないとでは全く違う稲作になります。



ママさんたちとの自然栽培田んぼでは

ママさんたちは手押しの除草機やチェーン除草に入っていました。

今年で5年目のママさんも多くいますので

どこが勝負の分岐点になるかよくわかってます。

手押しの除草機のかけ方を再度念入りに教えました。

田植え機での田植えはまだ経験していないので

田植え機で私が植えた皆の田んぼの条がよくわからないようでした。

来年は田植え機での田植えも経験させてあげたいです。

毎年新しい何かを経験して腕を上げてもらって

だんだん自然栽培稲作が完全にできるママさんになってもらう予定です。

そんなママは自然栽培農家を除けば日本にほとんどいないでしょう。

なんて面白いプロジェクトでしょう。



除草機の期間が終わればすぐに打ち合わせを各自して

手除草に入ります。

草に負けるわけにはいかないと

危機感がママさんたちの背中を押しています。

もう感覚は自然栽培農家ですね。

毎日誰かが田んぼに入ってます。

田んぼが賑やかだとその地域もなんだか賑やかに見えてきて安心感が生まれます。



昨年からの泥をためるを意識した稲作は確実に変化しつつあります。

泥が増えると除草機の効果が大きくなります。

でも以前のようにガリガリ深くかけることができなくなりました。

深く除草機をかけると泥が動きすぎて稲が潰れます。



水がよく抜けてしまうざる田んぼが

水が抜けにくくなって

少量の水でも水位を維持できるようになりました。



うちの田んぼでもストレートアライブさんたちを手除草に入ってもらってますが、

クサネムという豆科の雑草が減りました。

あまり見かけないです。

豆科が減るということは

土がやせている状態から抜け出しつつあるということかもしれません。

うちには砂地で保肥力も小さく、

水も川の上流のきれいな水なので養分が少なくて

自然栽培が難しくなるエリアがあります。

そんな場所でも無肥料無農薬でやりきるにはどうしたらいいか考えた結果

流亡を防ぐのが一番理にかなっているだろうと昨年から泥をためるを試みています。

雑草を防ぐのにも効果がありそうだなとやっているのですが、



こうして除草機が入った跡がしっかりわかるくらい出てしまうところもあれば



きれいなままのところもあります。

泥は田んぼの低いところに集まります。

高い場所は泥が流れ落ちてしまうためか

草が生えやすい傾向があります。

水が浅くなりやすいことも要因でしょう。

田んぼ1枚がいきなり全部草が少なくなることはないと思ってます。

泥がたまりやすい低いところから少しずつ減ってくれたら助かります。



除草機が入れなくなったら深水の管理に切り替えていきます。

泥をためてオタマジャクシとタニシが増えてきてるような気もします。

これはきちんと比較していないので思い過ごしかもしれませんが

少しづついい方に変化しているような感じがしてます。








  


Posted by みどりの里 at 10:34 │お米

コメントをする・見る(0)

2018年05月24日

自然栽培稲作の塩水選~田植え

毎日毎日田んぼです。

自分が畑やイチゴをやっていることを忘れるくらい田んぼ漬けです。

また今年もママさんたちや農福連携仲間をごちゃ混ぜにした

自然栽培稲作開始です。



塩水選では今年もママさんたちや農福連携仲間が集まって

勉強のためや、自分とこの分のためなど

それぞれの目的を持って集まって共同作業です。





温湯殺菌です。

とにかく自然栽培をやりたいママさん、障害者さん、福祉スタッフなど

混ぜることを意識してます。



浸種しておいて



その間に苗箱に自作の育苗用の土をいれていきます。



今年は早く準備しても大丈夫なように

土を入れる段階で水を打っておきます。

これで播種までに乾きやすかった床土は乾かなくなります。



芽が出はじめました。



子どもたちに頼んで乾かしてもらいます。



農福仲間呼んで播種しました。



育苗用プールに苗箱を並べます。



種籾には朝晩がまだ寒いので保温します。



ママさんたちは手まきなので別日に播種です。

子どもたちも連れて来てます。



発芽してます。



20日ほどで苗ができました。



早速田植えです。



無門福祉会の田口さんも自然栽培稲作が好きなのか

毎日来てくれてます。

稲作が楽しいらしいです。



そして本日グリーンママンさんたちの手植えです。

手植え面積が増えたので無門さんに手伝ってもらいました。



この手植えもママさんだけでなく、障害者さんも一緒にやりました。



きれいに植えてあります。



水を入れて田んぼらしくなりました。

まだ小さくて心もとないけど

1回目の除草までに少しでも大きくなってほしいところです。

まだあと1日田植えを残してます。

田んぼの除草という本当の勝負どころが田植えを終えると始まります。

今年もいろいろ試みています。

どんな結果になるか楽しみです。
  


Posted by みどりの里 at 23:44 │お米

コメントをする・見る(0)

2018年04月24日

自然栽培稲作育苗土準備

もうすぐお米が始まります。



稲の育苗用の土を8か月発酵させて作った土です。



材料は山土、わら、米ぬか、燻炭です。

もうわらの原形がないまで分解が進んでいます。

ビニールハウスで雨よけしながら何度も切返して

空気や水分を一定に保ちながら作ってます。

今回最後の仕上げです。



砕土機で小石を取り除いて土を砕いていき

ベルトコンベヤーで土を袋詰めしやすくしています。

少人数でもできるように機械も駆使しますが、



この日の勢いで育苗土の入った袋をトラックに載せて

苗箱に土を入れる予定のみどりの里倉庫まで運び込みます。

今回はA型障害者さん(ストレートアライブ)と

B型障害者さんと生活介護レベルの障害者さん(無門福祉会)と

私たち農家と福祉職員全員で一致団結して仕事を終わらせます。

トラック4台分の土を

本当にあっという間に全部運びこめました。

A型の障害の軽い人は機械での作業に入れます。

B型や生活介護の障害が重い人は

とにかく運ぶのが得意です。

運ぶ能力は健常者と変わらない人が多いです。

私たちも一緒になって運んで

置く場所などのフォローをすれば頭数に入る仕事となり大活躍です。

この仕事は普段あまり働けない障害者さんも活躍できる貴重な仕事です。

活躍するといい顔になって輝き始めます。

これが面白くて

大変な仕事も楽しみな仕事へと変わっていきました。



終わった後私たちも職員も障害者さんも皆格別な喜びや充実感を感じてます。

彼らと一緒に農作業をすると

一つ一つの仕事に格別な喜びや感動があります。

それが繋がって生まれる自然栽培米を今年も皆で頑張って作りますので

皆さん楽しみにしていてください。
  


Posted by みどりの里 at 18:37 │お米

コメントをする・見る(0)

2017年11月11日

稲刈り終わって自然栽培新米発売中



長雨や台風で稲刈りは大変でしたが、

11月から新米を販売できております。



今年はよく見ると写真が4パターンあります。

今年から一緒に自然栽培やってる

障害者さんたちも一緒に写ろうと誘ったのですが、

人数が多すぎて4つに分けました。

確実に皆のおかげでできた自然栽培米ですから

少しでも私たちのお米を買ってくれるお客さんに

自然栽培米を通して皆の頑張りが伝わればと思って今年から試みました。



今年は6月は空梅雨で稲が水がほしいときに水が足りない状態になり

10月の稲刈りに雨がザーザーで

収量を落としてしまいました。



でも、面積は増やしておいたので

なんとかやまのぶに1年出荷し続けることはできそうです。



このときは晴れてたんだけどね。



雨の止み間に入った田んぼはこんな感じで

水の入った田んぼのままじゃないかという感じでした。

でももう周りが刈ってしまっているので

早く刈らないとスズメに食われて収量がどんどん落ちていきます。

自然栽培米は確かにスズメに食われづらいのだけど

周りの田んぼが全部稲を刈って

うちだけ残っている状態になると一気に襲い掛かってきます。

あまりに恐ろしい光景なので

水がひくのを待っていられません。



今年も無門福祉会さんと一緒に稲刈りを進めていきました。

昨年は職員が仕事を覚えることをテーマに稲刈りを進めていきましたが、

今年は障害者さんの仕事作りをテーマに稲刈りを進めました。



おそるおそる稲をコンバインに通す田口くんは

もともと集中力があるほうではないので

すぐ見てるだけになりがちでした。



でも何度も稲刈りに来ているうちに

作業のインプットが終わり

田口くんはどんどんコンバインに稲を通せるようになりました。

このただ見てるだけの期間がけっこう大事なんですね。

このときにこの人はできないねと職員が判断してしまうと

その人はチャンスを与えられないので、

できないままになってしまいます。

慣れてくればできるようになります。

できなくても障害者さんを連れてきてねとお願いしておきました。

何度もこのパターンで障害者さんとの農福連携を進めてきました。

できないと思われてた人ができるようになっていくとこを見ていると

できないと思われていた無肥料無農薬の自然栽培ができたときの感じによく似ていて

面白くて仕方がないです。

あー、そうか。

だから農福連携を進めたくなるんだな。

  


Posted by みどりの里 at 23:57 │お米

コメントをする・見る(0)

2017年10月19日

自然栽培稲刈り

雨が続く前の出来事です。

10月10日は必ず晴れるので

グリーンママンさんたちとの田んぼの稲刈りの日に予定してました。



電柵してからはイノシシの害は台風で電柵が外れてた日だけ入られましたが

それ以降は完全にくいとめました。



空梅雨で田んぼが干上がってしまったり



日照不足もありましたが、

皆いつもよりたくさん田んぼに来て作業に入ってくれていたので

なんとか収穫にたどり着けました。

あきらめていたらひどいことになっていたことでしょう。



朝からイノシシの電柵を外し始めます。



稲刈る前に写真を撮っておこうと

この時間にいるメンバーで先に写真をとっておきました。

いい天気です。

皆の笑顔もすてきですね。



早速毎年恒例のコンバイン体験です。

全員乗ります。

横で私がサポートしますが、

いつかママたちがコンバイン置いておいたら

収穫終わらせてるなんて日がくるかもしれませんね。



機械で全部刈ってしまうとつまらないので

手刈りもやります。



そんなに細かいこと言わなくても稲刈りがわかってきているようで

年々作業はスムーズに進んでいきます。



去年よりは乾いているので稲刈りがしやすいです。



無門福祉会の障害者さんたちも一緒に参加です。

稲刈りはいつも無門福祉会さんと一緒にやるので

イベント時もサポートに入ってもらってます。

自然に交流できるので互いにいい刺激になります。

仕事が早いけど優しいママさんたちに囲まれて稲刈りしてると

障害者さんたちも自然と能力が上がってきます。



私が稲刈りをしている間に

ママさんたちは小さい田んぼを1枚手刈りを終えていました。

相変わらず手際いいです。

小さい田んぼは機械が入りにくいのでありがたいです。



もう一回皆で写真を撮ろうと呼びかけたら

なかなかいい写真が撮れました。

ママさんも農福連携もみどりの里の中ではごちゃまぜになります。

みどりの里はこんな感じで自然栽培を進めていきます。


  


Posted by みどりの里 at 23:00 │お米

コメントをする・見る(0)

2017年09月17日

グリーンママン田んぼイノシシ対策



今年は日照不足で山にエサが少ないのか

いつもより断トツ早くイノシシさんが襲撃してきました。

例年は水抜くと入る感じでしたが、

まだ稲が青い状態で水もたくさん入っているのに

もう来ました。

これだから自然のことなんてわかるようでわからん世界です。



とりあえず集合がかかり

来れる人に一番やられそうな田んぼから電柵を張りました。

そして4日後に皆が集まれそうなので

なんとかそれまでもってくれと

願っていたのですが、

皆が集まれる日の前日の夜に1回入られました。



今まで来てたウリ坊が

大人になったんだなという形跡が残っていました。



しょげていられないので



とにかく電柵を張りました。

皆切り替えが早いです。

皆もう簡単に電柵を張れるようになっています。

イノシシが来ることで

集まれるきっかけにはなりました。



イノシシにやられやすいこともありますが、

水が得にくい場所でもあるので

来年は一部場所を変えようかと考えてます。

どのみちイノシシは出てしまうけど

水は得やすい場所があります。

収量は変えた場所のほうが上がると思います。

皆にとっては大きな変化だろうけど

環境がどんどん変わる中で

自分もどんどん変わっていかなければならないです。

進化しようとしたら

変化するしかないです。

より自然とうまく付き合うためにはそういうことだなーと

自分のテーマを皆に押し付けるようですが、

環境が変わったほうが

新しいものを発見できたりして楽しいと思うなー。


  


Posted by みどりの里 at 13:29 │お米イベント

コメントをする・見る(0)

2017年08月09日

賑やかな自然栽培



いつもはひたすら浩美が自然栽培ブルーベリーを収穫していますが、

今回は高校生の職場体験ということもあって

ブルーベリー収穫なら農業体験として

いい思い出になるかと思って一緒に収穫しました。



今年も鳥の害はほとんどないまま収穫し続けてます。



うちの子たちも暇だと

畑でカタツムリを探してきて遊んでます。

ときどき子どもたちはブルーベリーに襲い掛かってきますが、



手伝ってくれることもあります。



隣の自然栽培オクラ畑では

ストレートアライブさんが収穫しに来てくれてます。

初めて畑作業をやる軽度な障害者さんたちです。

炎天下の中ではきつい作業ではありますが、

オクラから人生の厳しさと

世の役に立つ喜びを教えてもらっているようです。

最初は採ることでいっぱいいっぱいで

取り残しやサイズを合わせることがなかなかできなかったので



昨年オクラ収穫をやっていた

無門福祉会のみどりの里班も合流して改善していきました。



そうやって合流していくことで

畑で作業しながらすれ違うときに会話が弾んだり

なんだか楽しい雰囲気になってきます。

そんな雰囲気の中だと

野菜たちにもいいエネルギーを供給できるような気がします。

ストレートアライブさんは収穫だけでなく

みどりの里の田んぼも維持してくれています。



大きい草だけの除草ですが、

今年は空梅雨だった6月に

水が来ないトラブルが多発していて

ヒエが育ってしまいました。

それを週に3~4日4時間除草してもらってます。



このエリアのよその田んぼですが、

水が来ないと除草剤をまいてあってもこうなります。



うちの田んぼも何もしなかったらそうなってしまうという危機感から

雑草が小さいうちから1日3反以上できるペースで取り続けてきたので

この水が来なかったエリアでも

ヒエや他の雑草に囲まれることなく作ることができました。

ストレートアライブさんたちの障害者さんたちが

田んぼをきれいにしてくれるから

田んぼをやらないかと声をかけてもらえたり、

評判を落とさずに無農薬の自然栽培を拡大し続けていけます。

こうやってしっかり結果を出して

障害者さんたちが無農薬栽培に適した人材であることを

しっかり打ち出していきたいです。






  


Posted by みどりの里 at 22:50 │お米

コメントをする・見る(0)

2017年06月21日

水がなくても

空梅雨は恐ろしいです。



グリーンママンさんとの田んぼも



うちの田んぼも

水が細くなりやすいところは水が来ない日が続きます。

たまに来る水を喜んで迎えていたけど、

だんだん来なくなってしまいます。

もとの取水口を見にいってももとの水が少ないことが問題なので

どうしようもないです。

こうなってくると草が抑えられなくなってきます。



ママさんたちもここはがんばりどころと

雨が来るまで少しでも草を減らしておけるよう

愚痴もこぼさず頑張ってます。

すごいなと感心してしまいます。

逆に水の大切さがよくわかるといつも前向きなお母さんたちです。



水が来るところの除草はたいしたことないので

どんどん進んでいけます。

やまのぶ新入社員もこれならまだ頑張れます。



ストレートアライブさんの障害者さんの頑張りがすごいので

やまのぶ新入社員たちもその勢いに能力が引っ張り上げられます。

テンポよく進んでいたけど



水がない田んぼはやばいです。

これにはストレートアライブさんの皆も足が止まりました。

ヒエと稲はよく似ているので

慣れた人じゃないとなかなか取りきれません。

ヒエと稲の見分け方を再度教えて

田んぼ全体の除草ではなく

ヒエの密集したところを頑張って取ってもらいました。

今まで冬にわらを焼くようになって

ヒエに負けたことはありません。

少しくらい生えていてもヒエが途中でなぜか枯れてしまいます。

でもそれは水があって成り立つことであって

水がない場合は稲が負ける可能性が大きくなります。

だからヒエだらけで稲がどこにあるかわからなくなっているところだけ

なんとか取れば

あとは梅雨後半の雨でなんとか逃げ切れるのではないかとみてます。

私一人ではとても取りきれません。

ストレートアライブさんの存在はこういうどうしようもなくなってきたときに

一気に勝負をかけられるありがたい存在です。

手除草に関しては他の人ではこうはいかないはずです。

今年は空梅雨さえなければ

あっさり草に勝てそうなくらいうまくいってました。



水がちゃんとくる田んぼでは



いつもより断トツ草が少ないです。

私が本当に力を入れてやらなきゃいけない仕事は

ストレートアライブさんに頼っている手除草をより楽な仕事へと変えていくことです。

それができないと面積が増やせません。

今年は5.5haの自然栽培田んぼです。

今日の雨で水環境はだいぶ良くなったはずです。

ここから巻き返していきます。




  


Posted by みどりの里 at 14:25 │お米

コメントをする・見る(0)

2017年06月14日

田植えと除草



今年もいい苗が育ってくれました。



田植えは5月23日~28日までやってました。



今年は反20枚で植えようと思ってたら

たくさんの人に苗を分けてくれと頼まれたので

18枚の設定で植えました。

そしたら予想以上に余りまくりました。

皆に行き届いたのでよかったです。



グリーンママンさんたちとの田植えも

ひもでやってたのを

線に変えました。



縦横で線を引いてマスを作って

その交点に植えていきます。

ひもを張るより皆がそれぞれどんどん植えていけるので

例年の半分以下の時間で終わってしまったくらい順調でした。



このときは若者サポートステーションの皆も混ざって田植えしました。



美しいです。

これなら除草機が入れるし、

草もとりやすいです。

農業で直線とかそろっているとかとても大事です。

後々の作業にものすごく影響してきます。



田植え機で植えたほうは欠株があるので

1回目の除草をしながらママさんたちは補植も頑張りました。



今年も広い田んぼで除草機を押してます。



私はもっと広いので

機械除草です。

半日で1,2haできます。



私が除草に明け暮れているころ

ママさんたちは交代しながら毎日除草に来ています。

もう私の手は離れて自主的にもっと収量あげるんだと頑張ってます。



いつもの芯だけ残している状態です。

田植え時に根が切れるので

葉が枯れやすいです。

でも大事芯は絶対枯れないです。



でもこんなときは除草機入れたくないけど

草が小さいときしか除草機は効果が発揮できないので

無理やり入ります。

生きた心地はしません。



そんなころにやまのぶ新入社員研修!!

女子5人という素晴らしい研修でしたが、

田んぼでひたすら草を取ります。

カエルが怖いからとなかなか田んぼに入らない新入社員たちも

あきらめがつくと

「わー、オタマジャクシだー」と手にすくってました。

更になれてきて

ここまでやったら帰っていいよと告げると

1反ほどの田んぼを見て

「30分で終わらせます」

と有言実行しました。

ただ田んぼに放り込んだだけなのに

どんどん成長していきました。

1週間でたくましくなってやまのぶへ帰っていきました。



うちはコナギ除草はしないので大きい草だけ拾うだけです。

コナギは生育不良を起こしてあまり根が張れていない状態です。

すぐ取れます。

ストレートアライブさんたちもコナギを無視できるので

どんどん進めて4時間で1ha以上こなせる日があります。



わらをすきこまなくなってから

コナギは葉が痛むようになって

根張りが弱くなりました。

おかげで初期除草が楽になりました。



いつ行ってもママさんたちはいます。



田植えから2週間もすると

一気に緑が濃くなって

大きくなってきます。

弱っている間に根を伸ばして

しっかり張れたとなったらすぐ地上部に反映してきます。



これくらいになると安心して田んぼに入れます。

でももうこれが最後の3回目の除草です。



だんだん見栄えがよくなってきてます。

今年は除草機効果がけっこう高そうです。






  


Posted by みどりの里 at 23:32 │お米

コメントをする・見る(2)

2017年05月12日

自然栽培稲作 種まき



水に浸けておいた種籾は

3日くらいで芽が出てきてしまいました。

もうここ4年くらいはそれくらい早く芽が出てきてしまうので

予定もそのように組んでおきました。



芽が出る前に苗箱に床土(育苗土)をいれます。

この土も自作の土です。



8か月ほどわらや米糠を土と発酵させて作った土です。



土入れ作業も種まき作業も

福祉関係の人もうちの子も研修生も皆で作業です。



種籾も発芽してきたので播きやすいように乾かします。



そして種まきです。



上にかける覆土も今年は自作の土を使います。

ここ2年くらい使えるか実験していたのですが、

問題なく使えたので今年からは全部自作の土に変えました。

昨年までは無肥料の稲の苗用の土を買っていました。

でも、せっかく自分で作っているのだから全部自作の土に変えようと思って変えました。





しかしここで実はトラブルがあり、

自作の土が乾きすぎてしまったため

最初、土が水をはじいて種まきがうまくいきませんでした。

トヨタボランティアセンターさんたちや福祉の皆が苗箱を運び出して

播種機に入れる前に水やりをやってくださいました。

先に土を湿らせておくことで播種機に入れてからの水やりではじかないようにしました。

4社分の1600枚の苗箱を運ぶわけですから

これはかなり大変な仕事となってしまって

皆さんが来てくれてなかったらどうなっていたことか。

助けてくださってありがとうございました。



種まきが終わった苗箱を並べていきます。

複数年やってるストレートアライブ(とものわ)の今枝さんが皆に

並べ方を教えてくれています。



ストレートアライブさんはこの作業にもう慣れてきているので

安心してまかせておけます。



ビニールトンネルをしておきます。

まだ朝が寒いです。



種まき作業の傍らで

実は自然栽培ダイコンも進んでおりました。



切干しもやってます。

前は稲の作業になると畑が止まっていましたが、

今は農福連携のおかげで同時進行できます。



2日目は無門さん、ストレートアライブさん、楽歩さん、福祉メンバーの分を種まきしました。

こうやって助け合いながら皆で仕事を進めるのが最近の私の自然栽培テーマです。

もう自分たちだけでやる自然栽培は限界を見ました。

それを超えるにはこういう皆でやっていく形がいいです。

楽しいです。



3日目はグリーンママンさんたちと種まきです。



子どもたちも一緒についてきてます。

種の計量すらやりたがります。



今年も大勢が参加してくれました。





子どもたちは何やってもかわいいです。



手作業で覆土です。

ママさんたちとは子どもも参加できる形がいいので

あえて手作業でやります。



皆で苗箱を運んでプールに並べます。



人数がいるとシートやビニールもあっという間に張れます。

種籾準備からずっといろんな人と作業ができたことが

うれしかったです。



そして種まきから6日後

シートを外すとちゃんと出てます。



覆土を稲が持ち上げてしまうので

シャワーで落としました。



鳥に食われる前に

防鳥ネットを張ります。



黄色いところは覆土が持ち上がって光が当たっていなかったところですが、

すぐに緑になります。



今年は一部やられました。

芽が出ないです。

原因は・・・

太陽シートの劣化で高温障害を受けてしまいました。

シートのアルミが薄くなっていたことに気づきませんでした。

その劣化したシートのプールだけがやられました。

このやり方だと3年くらいでシートは変えないと危ないですね。



余分に作っているのでなんとかなりそうです。

苗たちが育ってくるうちに

田んぼの代かきを終わらせます。

いよいよ田植えがせまってきてます。  


Posted by みどりの里 at 23:02 │お米

コメントをする・見る(0)