2018年09月21日

第47回勉強会

8月27日に開催された勉強会の内容です。

1人目の発表者は



社会福祉法人 養楽福祉会 社会就労センター なかぎりワークスの

下 睦史 さんです。



昨年の7月から水耕栽培をしていたハウスを

自然栽培のハウスへと移行しました。

中の水耕装置を解体し、

耕してコマツナ、ミズナ、ホウレンソウ、ラディッシュ、エンドウ、トマトなどにチャレンジしてきました。

春まではそれなりにうまくいき、

初めての夏ということで

夏野菜にもチャレンジしました。







虫にもさんざん食われ



防虫ネットをしたら被害が少なくなりました。



土はみどりの里で作っている稲の育苗用の土をわけてあります。

育苗土と母材となる土の配合は土質によって変わるので

ちょうどいい配合を自分で探すしかないです。













と質問があり皆で答えました。

今は夏が暑すぎるので、ハウス内が更に暑くて全く活躍しません。

秋~春にかけて作付けを考えていくしかないでしょう。

自然栽培の空芯菜なら

ストレートアライブの近藤さんが「とものわ」として買ってくれると言ってくれました。

ホウレンソウは秋冬の野菜になりますので

いくら夏用品種と言っても

愛知県の気温では生育適温から大きく外れてすぎていて無理でしょう。

高原や北国の寒いところで夏に夏用品種をやるんだと思います。

ハウス内は高温になっているため

水の蒸発量がすごく多くなっています。

そして雨が一切当たらないので

水やりが少ないとどんどん乾いて砂漠のようになります。

水がはじくということは相当乾いているので

水量をもっと多くしないと足りていないです。

ここではラディッシュが具体的にまずい例に上がっていましたが、

アブラナ科の野菜は本来秋と春くらいの涼しさで順調に育つ野菜なので

夏では高温すぎて呼吸量が多くなりすぎてしまい

炭水化物が溜まらない状態になってしまいます。

そうすると無肥料で作っても

植物体内の窒素量が多くなってしまい

苦味が出てしまいます。

とにかく時期や野菜が望む温度を守って育てるしかないです。

これが外れると発芽すらうまくいかなくなります。

2人目は



オーガニックファーム旬彩 牧野真丈さんです。

有機栽培でピーマンを作っているのですが、

青枯病が出てしまい

どうしようもなかったのですが、

勉強会でアドバイスをもらって試してみたらちょっといい結果が出ました。



7月の畑の状況です。







青枯病がどんどんうつって止められないです。



青枯病にかかった株を引っこ抜いても関係なく次々にかかっていきます。

有機栽培仲間たちにはあきらめるしかないと言われてました。



勉強会で相談です。







7月の畑を



このように暑さ対策をしました。



雑草が伸びすぎてきてしまってますが、



青枯病がおとなしくなりました。



青枯病にかかった株の隣にうつらなくなりました。



暑さが激しすぎたので有機栽培で養分も入りやすい状態だと

完全に止めるのは難しいかもしれませんが、

けっこうおとなしくなったようです。

更に対策を打つとするなら

みどりの里の社員の天野くんが

遮光ネットを張るともっと良くなりますと助言してくれました。

3人目は



秀明自然農法の石川剛弘さんです。



今年は全く除草なしで自然栽培稲作に挑戦しました。



水位が浅いと雑草が出てしまうところもあるのですが、

今年は除草なしなのに雑草がきれいに出ないところが多くあります。





緑が代かきでピンクは田植えです。

3回代かきをやったころもあります。











ホタルイが今年なぜか多く出てしまったところがあります。



まだわからない部分がありますが、

今年除草が一切なくても

意外と雑草が出ないまま作れるかもしれないと思いました。

4人目は



名城大学の礒井先生です。

名城大学農学部と富山県氷見市が連携協定を結んだ関係で

今月初めに氷見市を訪問したのですが、

その折、自然栽培をやっている「NICE FARM」と「氷見元気やさいの会」の人たちと話をしました。



雑草を見て畑を判断しているのですが、

皆さんはどうでしょうかと聞いてくださいました。

「ハコベ、オオイヌノフグリ、ホトケノザが生えると白菜なども作れる畑になっている」

「ヨモギが生えているところがよくできているけど、雑草も大きくなっていた」

「クズが生えているところを田んぼにすぐ変えて、自然栽培で反収9俵いった」

などの意見が聞けました。

こういう事例を検証して自然栽培導入マニュアルが作れたらと思ってます。

今回は他にもいろいろ質問が多く出て

皆さんの疑問が少しは解消したかと思います。

次回は

9月25日火曜日


18時半~20時
豊田市若草町2-6-8 「ほがらか」にて開催します。

今回は月曜日は祝日でほがらかが営業してますので

火曜日にずらしました。

くれぐれもお間違いのないようお気をつけください。

皆さんのご参加お待ちしております。
  


Posted by みどりの里 at 23:08 │イベント

コメントをする・見る(0)

2018年09月10日

自然栽培ゆめのランチ&ディナー



自然栽培イチゴと自然栽培ブルーベリーと

自然栽培イチジク(おもや)と自然栽培スイカで

できたデザートがゆめのコラボで出てきてくれました。

自然栽培フルーツがふんだんに使われたデザート

はなかなか食べれないでしょう。

美味しかったです。



昨日9月9日にやまのぶ主催で自然栽培ゆめのランチ&ディナーが開催されました。

これには奇跡のリンゴの木村秋則さんもかけつけてくださいました。



今回のゆめのランチ&ディナーには農福連携の色を全開で出させていただきました。

この自然栽培企画に乗っかって

うちに来てくれている障害者さんたちの活躍を皆に伝えようと思いました。

そして誰よりも伝えたかったのは

来てくれている障害者さんのご両親です。

こうしてゆめのランチ&ディナーができるのも

私たちと一緒に障害者さんたちが自然栽培をやってくれたおかげです。



平川さん



太田さん



山下くん



誠士さん

ディナーでは勝間田さん

皆の活躍や成長ぶりを紹介できました。

彼らは皆自然栽培を取り組むようになり

障害が軽くなっています。

ランチもディナーも100人ずつ来てくれている中だったので

ご参加くださった方々は彼らの活躍に感動してくださって

惜しみない拍手をいただけました。

平川さん、太田さん、山下くん、誠士さん、勝間田さんは

皆の前に立って顔を見せてその拍手を受けることができました。

皆すごくうれしそうで

一緒に来てくれたお母さんたちもうれしそうでした。











これらの料理がみんな自然栽培野菜でそろえることができました。

料理で障害者さんの活躍を伝えられるのは

わかりやすくていいですよね。



これらの料理はやまのぶの惣菜で活躍している

島田シェフが作ってくれています。

添加物など使わない代わりに

乳酸菌などの菌の力で

肉を柔らかくしたりと様々な工夫がされています。

あの自然栽培米糠床も使ってあります。



前回料理教室を開いてくれたCOBOさんもかけつけてくれました。



現場で起きていることを正確に伝えたいため

みどりの里にて障害者さんの面倒を見てくれている藤井さんや



古茂田さんも話してくれました。



ストレートアライブ(とものわ)の近藤さんには

販売面での協力もいただいていて





このように素晴らしい自然栽培コーナーがやまのぶにも作れたことを紹介してくれました。



情熱を持って自然栽培コーナーを作ってくださっているなるみさんも紹介させていただきました。



目の障害を持つストレートアライブの柳沢さんは

自然栽培をやって

白と黒と赤しか見えなかったのに

他の色も見えるようになったと仰っていました。

障害が重かろうが軽かろうが

みどりの里で自然栽培をやっている障害者さんたちは

なぜか皆調子を上げています。

原因は一つではないでしょう。

そこにいる物や人が複雑に絡み合っていい結果が出ているのだと思います。

名城大学の礒井先生や

名古屋文理大学の中村先生もディナーにかけつけてくださいました。

先生たちもこれら自然栽培や農福連携を応援してくださってます。

勉強会に普段参加してくださっている方も

一緒に頑張っている自然栽培農家さんたちも

かけつけてくれたり、

農産物で協力してくださったりとありがたかったです。



今回は自然栽培パーティーの協力もいただけて

北海道から自然栽培タマネギを届けてもらえたり



滋賀県のおもやの杉田さんが自然栽培イチジクと一緒にかけつけてくださいました。

その他の野菜も各地の福祉施設から届けていただけました。



愛媛県からは佐伯さんが自然栽培ミカンジュースも届けてくれて

ランチもディナーもずっと参加してくれました。





無門福祉会さんから自然栽培米から作ったお酒



自然栽培イチゴ、ブルーベリー、イチジクのジャム



自然栽培トマトジュース、ピューレなどもありました。

自然栽培で物を生み出していくだけでも大変だったのに

それが皆の力を合わせればこんなに充実させれるものかと驚きました。

無門福祉会の職員の皆さんも計画から準備

当日の進行から配膳などやってくださってありがとうございました。

ゆめのランチ&ディナーが自然栽培と農福連携が充実したこのタイミングでできて良かったです。

ご参加いただけました皆さま

こんな素敵な会にしていただきましてどうもありがとうございました。
  


Posted by みどりの里 at 19:29 │イベント

コメントをする・見る(1)

2018年09月04日

自然栽培米糠料理



これは何でしょう?

答えはみどりの里の自然栽培米おにぎりに

みどりの里の自然栽培米糠のぬか床をぬった

焼きおにぎりです。

それって玄米じゃん。

てことになるのですが、

こうして糠床をぬって食べると味噌かと思うほど美味しかったです。



神奈川県からお越しくださり、

ぬか床作り教室を「ほがらか」で開いてくださった

COBO株式会社の植田さんがみどりの里の自然栽培米糠を大絶賛してくださいました。

植田さんたちは菌のエキスパートで

特に発酵菌のことなら何でも教えてくださいます。

植田さんたちは安定した発酵をするぬか床作りを目指していたのですが、

なかなか品質を安定させることに苦戦していたそうです。

そんなときたまたま無門福祉会の磯部さんとイベントで知り合い

みどりの里の自然栽培イセヒカリ米糠を紹介したところ

素晴らしい発酵を安定的にできるので

これはいいと今回わざわざ豊田市まで足を運んでくださいました。



ぬか床を作るときに昆布だしを作るのですが、

そのときにCOBOさんが商品開発した乳酸菌をフリーズドライした粉を

ほんの耳かき程度の量入れるのですが、

すぐにものすごく美味しい昆布だしがすぐにとれてしまいます。



米糠に塩(海の精)を入れ



さきほどの昆布だしを混ぜます。



これにフタをして冷蔵庫に入れておけば

混ぜることなく放っておいて

10日後に野菜や肉、ゆでたまごでもいいので入れると

ぬか漬けの出来上がりです。



使用後の糠床はなんと料理にも使え

炒めておけばふりかけや調味料として長く使えます。



サラダにパラパラとかけると

サラダが一段と美味しくなります。



ぬか漬けされたキュウリも美味しいし

鶏肉はハムかと思うような味になっていました。



自然栽培米糠が美味しいことは

自分でも食べてみて知ってました。

でも保管面など課題がありなかなか商品化が難しかったので

世に出すことはできなかったのですが、

今回無門福祉会さんとCOBOさんが絶賛してくれたので

世に出していけそうです。

自然栽培米でどこが一番他のお米と違うのですかと聞かれたら

正直米糠部分が最も違いが出るところと答えます。

だからうちは精米でも8分づきなのです。

玄米は圧倒的に違いを出せるので

うちは実際玄米の出荷量が精米を超えます。

自然栽培の農産物は発酵させたら驚きの結果を出せます。

窒素分が少ないので腐敗しにくく、発酵を失敗することがまずないです。



他にも乳酸菌発酵したパンを紹介してくれました。

酵母発酵じゃないのかと驚きましたが

これまた美味しかったです。

黒いパンが見た目完全にチョコパンなのですが、

食べてみたらやはりチョコかと思ったのですが、

黒小麦とブドウを使って砂糖なしのパンでした。

磯部さんも「えっ!チョコじゃないの!」とわかりやすいリアクションしてたので確かです。

私はこういう料理の驚きが好きです。

チョコだと勘違いさせてくる感じがにくいですよね。

またみどりの里の自然栽培イチゴや自然栽培野菜たちとも

発酵コラボしていけたらと願ってます。

農福連携しているといい出会いにも巡り合えるのでありがたいです。
  


Posted by みどりの里 at 18:41 │お米イベント

コメントをする・見る(0)