ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › いちご › 自然栽培イチゴで更に連携
2018年03月05日

自然栽培イチゴで更に連携



自然栽培イチゴも春になってだんだん大きくなってきてくれました。



無門福祉会さんに渡している自然栽培イチゴハウスは

毎年みどりの里のハウスより出来がいいですね。

やっぱ障害者さんたちは純粋な気持ちでイチゴに触るから

イチゴが気持ちよく育っていけるんでしょうね。



葉に葉水が出ているので

体や根を作り始めています。

暖かくなると新葉が出るスピードがあがります。

このときは味を犠牲にしやすいです。

ここまで糖度20度付近を出し続けてきましたが、

この3月あたりはイチゴが急激に体作りをしますので

糖度が落ちてしまいます。

このときに味をのせる手はあるのですが、

体作りを犠牲にするので

ハダニなどの病害虫が多発したり

根を作ることができなくなり

これでおしまいとなってしまうのでなかなか選ぶことができません。

もうちょっとイチゴ株に体力があれば弱らせる手を選ぶのですが、

昨年の長雨などでそこまで育てられなかったので

今は体を優先したいところです。



大きな実も採れていました。

今シーズンも苦しみましたが、

あきらめずに栽培し続けることで病気も治っていきますから

自然栽培はいつもやっててよかったと思える結果になっていきます。



最近は美岳小屋の林さんたちも一緒になって収穫パッキング作業をやってます。

彼らは来シーズンから自然栽培イチゴを栽培する農家仲間なので

一緒に作業をして覚えてもらってます。

無門福祉会の障害者さんも一緒に作業して

いつもいろんな人が集まっている状態が

日常になってきているので

幸せな職場になりつつあります。

ストレートアライブさんたちも畑での収穫や販売を頑張ってくれてます。

少しずつですが、

皆で連携して助け合って結果が出るようになってきています。

もうすでに更にいい結果が出せるようにと準備が着々と進んでいます。

また次の展開を楽しみにしていてください。


同じカテゴリー(いちご)の記事画像
うどんこ病出ない自然栽培イチゴ
自然栽培イチゴ収穫できました
自然栽培イチゴ定植
自然栽培イチゴ苗の様子
山上げしたイチゴ苗たちを見に来ました。
自然栽培イチゴ苗の山上げ
同じカテゴリー(いちご)の記事
 うどんこ病出ない自然栽培イチゴ (2018-04-08 22:54)
 自然栽培イチゴ収穫できました (2017-12-09 08:46)
 自然栽培イチゴ定植 (2017-09-12 09:32)
 自然栽培イチゴ苗の様子 (2017-08-16 10:36)
 山上げしたイチゴ苗たちを見に来ました。 (2017-07-20 23:18)
 自然栽培イチゴ苗の山上げ (2017-07-17 22:39)

「いちご」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。