2018年05月28日

第43回勉強会

4月23日に開催された勉強会の内容です。



自己紹介は堀部沙也加さんです。

大学生ですが、オイスカで農業体験をして

畑で野菜が採れてそれを食べたときにすごく感動しました。

多くの方にその感動を伝えたくて

大学で学生団体を立ち上げて他の方々にも農業体験ができるようにしたいです。

現在みどりの里で作業を手伝いながら模索中です。



名古屋文理大学の中村麻里先生です。

今回は皆さんにアンケートをとらせてくださいとのお願いでした。

勉強会や農福連携に興味を持っていただけて、

皆さんへのインタビューやアンケート結果の情報をもとに

皆さんとの勉強会や農福連携などを本で紹介していただけるそうです。

中村先生から取材などお願いがあるときはぜひ受けてくださいね。

次回アンケート結果を勉強会でやってくれます。



ストレートアライブの今枝稚加良さんです。

今回はかぼちゃの自然栽培です。

まだ栽培が完成したとは言えないようですが、

今までやってきた経験をお話ししていただきました。



失敗談もあるので貴重な情報になると思います。



風対策のあんどんはすごくいいです。



畝無しの状態です。

低いところに水がたまり、そこは枯れてしまいます。

なぜ畝を立てるのかよくわかる事例です。



春作と秋作で分けて畝を使いました。



つるが伸びるスペースも畝を立てておいて次の作付けに使いました。



かぼちゃの玉返しができずにグランドマークがついてしまいました。

この事例には卵のパックを3~4重にして下に敷くと回避できると

お金のかからない方法を教えてくれる方もいました。



種先を切ると発芽がそろうと聞いて

試してみたら



良かったです。



猪の被害もありました。

猪地帯では防護柵なしでは作れないです。

最後までわからないのがうどんこ病対策です。

水はけをよくすることやカボチャの体作りをしっかりやってから実をつけるくらいしか

思いつかないです。

うどんこ病にかかったカボチャは根が小さかったです。

うどんこ病が出ないという方もいますが、

なぜなのかは本人もわからなかったです。

4月下旬に栗かぼちゃを植えて毎年出ないそうです。



美岳小屋の林剛さんの自然栽培落花生です。



ほ場の準備です。
4月にマルチを張り、畝幅60(天場)、高さ10センチ
通路50、株間30、条間45センチで作付けしました。
黒マルチとぎんねずマルチで試しましたが生育に差はありませんでした
うちのほ場は、粘土と砂地が混ざったような若干粘土寄りのほ場です。

各畝の中央にカラス対策のテグスが貼ってあります。
カラスの生態を調べていたら、とある文献に両翼を広げる幅ぐらい
約1M程度に障害物があると寄り付かないとあり、
各畝に張ったら全くきませんでした。
収穫まで貼りっぱなしでした。



落花生の発芽は最低気温12℃以上、最低生育温度は15℃のため、
最低気温が15℃を超えるようになったら播種しています。
昨年は5月7日に播種
各穴に2粒づつまいていきました。
穴の大きさが黒マルチは6CMと小さく、発芽後うまくマルチから出れない
子もいたので、全て手で出してあげるという失敗がありました。
発芽率は70〜80%で1週間から10日で発芽しました。
出なかった所をマキなおしました。



この時期は、株元と通路の草取りを行いました。



6月上旬になり、株が大きくなり、開花しそうになってきたので
マルチをはがしました。
もう少し遅くまでマルチを張っていたかったのですが、
昨年は穴が小さかったので、早めにはがしました。
真ん中に切り込みを入れ、両サイドを通路に置きながらはがしていきました
こうすれば通路で回収でき、テグスも外さずにすみます。



昨年は6月16日ごろ開花しました。
この頃中耕と土寄せを行いました。

この時期になると草の勢いもすごくなってくるので、
研修後などに株元や通路の草取りを行なっていました。



6月27日ぐらいに潜り始めました。
この頃の畑の様子



7月から8月上旬は、暇さえあれば草取りというぐらいひたすら戦っておりました。



病害虫では、生育初期には根切り虫にやられる株がありました。
7月からは白絹病がナカテユタカでは見受けられました。
抜く場合と抜かずで試したら、抜かないと隣の株へ移った場合もありました。

右の写真は、根粒菌の様子です。



やっと収穫だーと意気込んで収穫し、喜んだのも束の間で
3日間の雨や曇りに加え、高温多湿な気候により、
一気にカビてしまいました。
最初に収穫した落花生120KGのうち残ったのは、右の写真の分だけで
わずか3KGしかありませんでした。
本屋聞いたことを実践するだけではわからない農業の厳しさを痛感しました。



収穫後、1週間から10日ぐらいは逆さにして地干しにしました。
産地では、この後積み上げてぼっちにしますが、
うちではカビたりうまくいかなかったので、脱粒し、乾燥させました。



脱粒後、唐箕にかけ、ブルーシートに広げ、約1ヶ月天日で乾燥させました。
乾燥の目安は、水分計で5パーセントを目安に切り上げました。
産地では8〜9パーセントだそうです。
ぼっちに比べ、莢が直接陽に当たってしまうため、
水分の抜けが急激に行われやすくなりそうなので今後の課題です。



千葉農林総合研究センターから今年の1月に掲載された資料によると
産地でも秋の雨が多くカビが発生することからトンネルでの雨よけ乾燥の情報が
出ていました。
僕も今年試してみようと思います。



乾燥後は、選別し、麻袋に入れ、保管しています。
もともと消防やめたら珈琲屋をやろうとずっと勉強していた焙煎を生かし
自分で焙煎し、加工して販売しています。
今後余裕ができてきたら焙煎等で連携していけたらと思います。



ストレートアライブの近藤真人さんです。

農福連携の販売スタイルを確立してくれてます。





わくわく広場さんや、ニンジンクラブさん、アイチョイスさんなど

この1年頑張って販路拡大をしていきました。

みどりの里の販売先も全て任されて

生産者には生産に集中していただいて

自然栽培を中心に無農薬農産物の生産量を増やしていく計画です。



スナックエンドウをこのような収穫した形で納品していただければ



軽度な障害者さんたちが袋詰めしてくれます。

量産に向けて手が足りなくなるようであれば

農作業の軽作業も時給でやることができます。

今年は生産者との連携を更に強めていきたいです。

買取価格表とその後の販売先での値段も全て透明化して

価格は変動しないようにしています。

ということで勉強会に来ている生産者の皆さんに価格表を配りました。

来てる方々にも喜んでもらえる価格だったようです。

5月からやまのぶでのみどりの里自然栽培コーナーも設けました。

それぞれ農家がバラバラで販売をすると

すぐ価格競争になったり、

大きいロットでの需要に応えれなかったりと

生産で無農薬で頑張ったことが販売面で無効になることが多々あります。

小さなマーケットのイス取りゲームです。

本当は利便性を整えて

流通の仕組みを整えて

欲しいときに欲しいだけを渡せる環境を作れば

野菜の価格の安定はできます。

皆で情報交換してライバルになってしまうのではなく、

皆で情報交換をしてともに助け合える関係を構築して、

更にこの無農薬産業の発展に貢献していきます。

ストレートアライブの近藤さんにグループでの販売をまかせていきたいです。

グループ名は「とものわ」となってます。

と販売面からのプレゼンをやっていただけました。

また販売の現場からの事例が出てきてもいいですよね。

みどりの里からは農福連携と自然栽培プランターについてです。



ポット土詰めは冬場の安定した仕事でした。

ここで新しい障害者さんたちも定着させていきました。



皆が作ってくれた土での苗はいいものができました。



障害者さんたちは移植作業もやってみました。



その苗を定植も手伝いました。



不織布や防草シートなどを張るピンも作りました。



トンネル片づけ



稲のプール育苗のプールの砂入れ、レベル出し



稲の育苗用床土の砕土



床土運び



イチゴのパッキングなど

数多くの仕事もこなせています。

しかし、単発の仕事と仕事の間に重度な障害者さんの仕事が途切れそうになることがあります。

この先夏も暑いと外の作業も制限されます。

日陰のある倉庫での仕事が必要だなというところで



先ほどの自然栽培稲作の育苗土を活かしたプランター栽培を模索してみました。

プランターは買うと高いのでやまのぶから発砲スチロールをもらってきます。



皆で底に穴をあけます。





開けすぎのもありますが、

まあ楽しければいいかという感じです。



山砂と



自作の稲の育苗土と



くん炭を混ぜて土を作ります。





これらの過程は野菜のポット土づめでやっていたことなので

あっさり皆できました。



ラディッシュから試してみました。





育苗土30%はほしいところです。







1cmの深さの差のようです。





5cm以上はさほど関係なさそうです。





まあ30%が安心して見てられますね。

野菜苗を作るときは20%でやってます。



こういう栽培ができれば

重度な障害を持つ人にも安定した仕事が生まれます。

うちで重度と言う場合は生活介護レベルです。

でもそんな人たちも喜んで仕事に向かって

障害を軽くしていきます。

農作業で体を動かすことがリハビリになっているようです。

この重度な方たちの可能性を拡大したくてプランターも実験しています。

また面白い結果が出たら報告します。


次回は今日です。

5月28日月曜日 18時半~20時
豊田市若草町2-6-8 「ほがらか」 です。

ぜひ予定がつく方はご参加ください。

お待ちしております。

















同じカテゴリー(イベント)の記事画像
第47回勉強会
自然栽培ゆめのランチ&ディナー
自然栽培米糠料理
第46回勉強会
第45回勉強会
第44回勉強会
同じカテゴリー(イベント)の記事
 第47回勉強会 (2018-09-21 23:08)
 自然栽培ゆめのランチ&ディナー (2018-09-10 19:29)
 自然栽培米糠料理 (2018-09-04 18:41)
 第46回勉強会 (2018-08-14 15:35)
 第45回勉強会 (2018-07-07 22:53)
 第44回勉強会 (2018-06-20 18:58)

「イベント」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。