ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › 野菜 › 大学生たちと自然栽培ミニトマト体験
2018年07月06日

大学生たちと自然栽培ミニトマト体験



自然栽培ミニトマト畑に大学生たちが

自然栽培体験に来てくれました。

堀部さんが畑作業をして収穫した野菜を食べたとき

すごく感動して、皆にもこんな感動を体験してもらいたいと

大学でサークルを立ち上げてみどりの里へ来てくれました。

ここまでに堀部さんは一人でみどりの里へ作業を手伝いに来ては

人を呼べるか打ち合わせてくれてました。



ミニトマトもちょうどなっていて

皆も作業がてら食べてみることができ

感動してくれました。

「採りたての野菜を食べられるなんて贅沢だなー」

とか

「こんな美味しいトマト初めて」

とか

また都合よくトマト嫌いな子が来てて

自然栽培の野菜は野菜嫌いな子でも食べれたりするから食べてみてよ

と勧めると

「あっ!ほんとだ。食べれる」

と驚いてました。

これが自然栽培やってて面白いところです。

野菜嫌いな子は硝酸態窒素の味が嫌いなだけで

自然栽培のように肥料を使わずに作ると

その値がかなり低くなるので

野菜嫌いな子が食べれる現象が起きます。

ちなみに私は子どものころすごく野菜嫌いだったので

野菜の嫌いな子が何が嫌で食べないのかよくわかります。

野菜は硝酸態窒素が高くなると必ず

青臭くなったり消毒のような臭いがして、苦味やえぐみが増え、繊維が口の中で残るようになります。

糖度も下がり、水っぽくなりますが、その水っぽさがうっすらまず味を帯びています。

それが嫌なんです。

肥料に頼り切った栽培をすると硝酸態窒素の値は上がりすぎてしまいます。

肥料以外に野菜の成長を促せる手段を持っていると硝酸態窒素の値を上げすぎずにすみます。

野菜嫌いな子で自然栽培ツアーを組みたいくらいです。

何人が嫌いな野菜を食べれるようになるでしょうってな感じで。



今回はトマトの枝が通路を塞ぎ始めているので

フラワーネットに枝を入れる作業をしてもらいました。



こんな作業じゃつまんないかなとちょっと心配してたんだけど

楽しんでもらえたようでした。

皆は普段名古屋の大学でコンクリートで囲まれた場所が生活圏なので

こうやって緑に囲まれていることでずいぶん新鮮な気持ちになれるそうです。

カエルやイタチがいたら喜んでいたくらいで

みどりの里の畑の中で

非日常を感じてドキドキしていてくれたようです。



まだまだ青い実がたくさんスタンバってくれています。

今日の雨

梅雨明けの暑さとトマトにとっては悲惨な環境が襲い掛かってきますが、



遮光ネットを開けたり閉めたりしながら

なんとか持ちこたえさせて



皆さんに自然栽培ミニトマトを提供し続けたいです。













同じカテゴリー(野菜)の記事画像
中日新聞にのせていただけました
自然栽培スイカ
やまのぶ新入社員研修
自然栽培畑も賑やかになってきました
自然栽培サツマイモ堀り
賑やかな自然栽培
同じカテゴリー(野菜)の記事
 中日新聞にのせていただけました (2018-08-29 08:14)
 自然栽培スイカ (2018-08-16 09:05)
 やまのぶ新入社員研修 (2018-06-20 10:29)
 自然栽培畑も賑やかになってきました (2018-03-19 19:18)
 自然栽培サツマイモ堀り (2017-10-07 22:29)
 賑やかな自然栽培 (2017-08-09 22:50)

「野菜」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
硝酸態窒素の事をもっと勉強してください。
曇った日に自然栽培であれ収穫をすれば必ず硝酸態窒素の数値は上がります。
自然栽培だからどうのと言う表現はいかがなものかと思います。問題は多肥栽培であり動物性肥料を使おうが植物性肥料を使おうが同じことです。
ブログに文章を書くなら、だれが見ても異論がない事を書くべきだと思います。
Posted by 鳥居和弘 at 2018年07月07日 07:28
鳥居様

ご指摘ありがとうございます。
その通りです。硝酸態窒素は日々の天気で上がったり下がったりするものなので、私たちは販売するときに硝酸値をPOPに書かないようにしています。ただ無肥料なら天気が悪くても肥料を使うよりは硝酸値の上がり幅が小さくてすみますので食味の被害を最小限にとどめておけます。あまり書きすぎてしまうと比較する面も多くなり、他の栽培を批判したように取られてしまうので、自然栽培はこんな良さがあるよという表現にしていますので、ご容赦ください。
Posted by みどりの里みどりの里 at 2018年07月07日 08:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。