ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › お米 › イベント › グリーンママン自然栽培田んぼ収穫祭2018
2018年11月13日

グリーンママン自然栽培田んぼ収穫祭2018



11月12日にママさんたちと

今年の新米とやまのぶの惣菜コトリのお弁当で収穫祭をやりました。

今年はかなり悲惨な年となってしまって



皆でがんばってた田んぼの場所が

みどりの里でガッツリ高温障害をくらって

実が入らず穂が立ってしまったエリア内だったので

ママさんたちとの田んぼもそんな穂の立った田んぼとなってしまいました。



それでもやるべきことはちゃんとやろうと

収穫も手を抜かず皆で少しでもあればと願って頑張りました。



日陰が多いちょっと涼しいところは穂が垂れているところもありました。

これが救いでした。

いつもなら皆に30キロは渡せているのに

今年は4キロになってしまいました。

たぶんこの穂が垂れていたところで収穫があったのでしょう。

収穫のときに本当に空っぽの籾を触って

収穫祭はお米なしかもしれないと皆覚悟してたようで

4キロあったことにほっとしてくれました。

申し訳ないので自然栽培サツマイモをつけて

今回はサツマイモご飯として皆で食べました。

今年のお米の美味しさは過去最高かと思うような出来にはなってます。

皆がっかりしているかなと思ったけど

今年の感想聞いてみると

「来年はチェーン除草のまだ暑くなる前の期間に初期除草を頑張って暑さ対策しよう」

「やっぱり本当に複数年やると体が慣れてきて除草作業があまりきつくなくなった」

「すごく体が引き締まって田んぼジムって感じでまたあやかりたい」

「地球温暖化の影響が本当に深刻になってきていることを実感した」

「農業はこんなことも起きるのかと驚いたけどやっぱりまたやりたい」

「収穫時に野中さんが落ち込んでてそっちが心配だった」

「田んぼ知らずに人生終われない」

などなど

皆自然の猛威を受け止め

また対策を打って来年も自然栽培やりたいと収穫祭に来れた全員が言ってくれました。

もうこれじゃあだめだと諦める人がいないことに私が驚きました。

この企画はなんていい人の集まりでできているのだろうと

これも奇跡的なことだったんだなと思いました。

収穫祭では皆で品種のことや場所を変えようかとか

来年に向けての話し合いになりました。

チェーン除草機を増やすために冬に皆で作ることも決まりました。



さんざんな結果だったのになぜか皆笑顔で写真に写れてます。

何か目に見えない収穫がそれぞれにあったんだろうと思います。

それを考えると今年はすごく大きな収穫祭だったのかなと思います。

私にとっても皆が来年も続けると言ってくれたことが

大きな収穫となりました。

皆さんありがとうございました。

また来年も自然栽培田んぼ頑張っていきましょう。


同じカテゴリー(お米)の記事画像
自然栽培稲刈り
自然栽培米糠料理
自然栽培田んぼ雑草状況
自然栽培田んぼ除草
自然栽培稲作の塩水選~田植え
自然栽培稲作育苗土準備
同じカテゴリー(お米)の記事
 自然栽培稲刈り (2018-10-17 07:30)
 自然栽培米糠料理 (2018-09-04 18:41)
 自然栽培田んぼ雑草状況 (2018-07-06 13:10)
 自然栽培田んぼ除草 (2018-06-18 10:34)
 自然栽培稲作の塩水選~田植え (2018-05-24 23:44)
 自然栽培稲作育苗土準備 (2018-04-24 18:37)

「お米」カテゴリーを一覧で見る

「イベント」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。