ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › イベント › 大学生企画の自然栽培講座
2018年11月26日

大学生企画の自然栽培講座



みどりの里に来てくれてた大学生の堀部さんが



今までみどりの里を活用していろんな企画をしてくれていました。

その中でも一番大きいのが環境大学の講座となっている

このイベントでした。

学生団体を作って大学生が主体となって行われた

お子さんづれの家族が楽しめるイベントです。

この時期のイベントで自然栽培の美味しさが畑ですぐわかりやすいものと言えば



自然栽培カブでしょう。

もう何度やっても感動を呼んで

子どもたちも必ず落ちるイベントです。



もう収穫が始まっているので残っているところを収穫です。

「1人5カブずつ持っていっていいよ。大きいのを探して持っていきな。」

と言うと

皆畑にわあっと広がって大きくていいカブを探しに行きました。



「小さいカブがすごく甘いからみつけたらそのまま食べてごらん」

と言うと



「甘ーい」

「美味しい!!」

と驚きの声が上がります。

子どもも大人も学生も皆そもそもカブをなめてますので

「えーカブかー」とテンションが下がってしまうところで

この自然栽培カブの驚きの美味しさで

皆の心をわしづかみにします。

みどりの里の必勝イベントパターンとなりつつあります。

この美味しさは無肥料無農薬の自然栽培じゃないと出せません。

肥料を入れると必ず味が薄くなり、雑味が増えます。



少し時間があったのでイチゴを見に行きました。

イチゴも自然栽培でいい結果が出やすい作物なので紹介しました。

子どもたちの勉強になるかなと思って



ミツバチの巣の中を見せてあげました。

ミツバチのような虫たちが花をまわってくれないと

きれいな形のイチゴができないんだよと

話しておきました。

ミツバチは今減少していっている時代なので

子どもたちがミツバチを守る側に育ってくれるといいなと思ってやりました。

さあ帰ろうとまたカブ畑を通りがかったとき

子どもたちはもう少し食べたいとまた畑へ行って

カブを抜いて食べ始めました。

本当に不思議な光景です。

確かに美味しいんだけど、

チョコレートとかじゃないんですよ。

カブを引っこ抜いて

土を手で払って

生でガリガリ食べて止められなくなっている子どもたちですよ。

カブにはまる子どもたち。

いつも見てて面白いです。



皆をやまのぶに連れて

ごんべいの里や自然栽培コーナーの説明をしました。

ここの商品はやっぱりストーリーがあるので伝えやすいですね。

それぞれの野菜のキャラがたっている感じです。



自然栽培みかんもたくさん届いていて

試食した子どもたちが美味しいからと

袋をかごに入れまくってました。



午後は林さんとこの天然酵母のパンや自然栽培みかんと、

自分で作った自然栽培落花生で作った自然栽培ピーナッツバターで楽しませてくれました。

野菜スープの野菜もごんべいの里から入手してくれてました。



学生たちが野菜クイズを子どもたちに出していました。

野菜の花や苗や畑の姿で野菜がわかるかのクイズでしたが、

子どもたちが意外と知っていることに驚きました。

ニンジンの花とか皆当ててました。

ジャガイモの花も当ててました。

素晴らしい英才教育がほどこされているようでした。

この中から未来の自然栽培者が生まれるのかとちょっと期待しました。



大学生たちの明るいパワーと

環境大学の職員さんの情熱で

家族を対象にした今日の自然栽培イベントは大成功でした。

私もとても楽しかったです。

どうもありがとうございました。





同じカテゴリー(イベント)の記事画像
自然栽培パーティー第3回全国フォーラム
第49回勉強会
グリーンママン自然栽培田んぼ収穫祭2018
第48回勉強会
第47回勉強会
自然栽培ゆめのランチ&ディナー
同じカテゴリー(イベント)の記事
 自然栽培パーティー第3回全国フォーラム (2018-11-25 23:12)
 第49回勉強会 (2018-11-22 18:06)
 グリーンママン自然栽培田んぼ収穫祭2018 (2018-11-13 09:35)
 第48回勉強会 (2018-10-21 14:25)
 第47回勉強会 (2018-09-21 23:08)
 自然栽培ゆめのランチ&ディナー (2018-09-10 19:29)

「イベント」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。