2022年10月10日

自然栽培米の一口せんべいができました



みどりの里で作った自然栽培米で

一口おせんべいを作りました。



砂糖はてんさい糖で

醤油はグルテンフリーの醤油を使っていて

小麦アレルギーにも対応した

なかなかいいお菓子ができたと思います。

295円(税抜き)で

やまのぶで販売中です。

他にも今年はお菓子を作っていて



みどりの里自然栽培米で作った

ポン菓子です。

こちらは玄米で作ってあるので

玄米を気軽に取りたい人にもお勧めです。

価格は195円(税抜き)でやまのぶで販売中です。

これらお菓子はどうしても作りたいことがあって作りました。

私たちの食材は無農薬だったりすることから

とにかく手間がかかってしまって

どうしても高価格な商品になってしまいます。

お菓子にするにも加工代などがのっかるので

更に高いお菓子になってしまいます。

そうするとこういったお菓子が気軽に買える値段に収まらず

子どもが気軽に食べられるものではなくなってしまいます。

こだわったのは価格です。

できるだけ買いやすい値段にすることで

子どもが普段から食べられる環境を作って

できれば

この自然栽培などの食の安心安全の世界を好きになってもらいたいなと思ってます。

味もいろいろ作ってもらったので飽きずに楽しめると思います。

私は玄米が気軽に食べられるので

昼ご飯はポン菓子だけ食べてます。

無理なく2ヶ月で体重10kg落とせて

体が軽くなってかなり調子いいです。


最近はコロナとかあって

あまり人と会わずにひたすら自然栽培に打ち込んでいました。

そしたらこの夏たくさん取材が来てくれて



自然栽培伝道師温野さんが平谷村まで来てくれて記事にしてくれました。



うちの子どもたちに葉かき作業を頼んでいたときだったので

子どもたちも雑誌デビューできました。





花を取ったり、古い葉をとったりするのですが、

数が多すぎて間に合わないとこだったので

子どもたちにはだいぶ助けてもらいました。



耕ライフ10周年の記念号にも取り上げてもらって



こちらは自然栽培ブルーベリーと農福連携を記事にしていただけました。

最近の農福連携や自然栽培情報も載っています。

無料なので見かけたらぜひ手に取ってみてください。



分厚い本がもうすぐ出るようです。

自然栽培の各品目の詳細が書いてあるので

参考になると思います。



私は果樹編のブルーベリーとイチゴのことを担当させていただきました。

自分で書くのはつらいので

記者の三好さんにしゃべり倒して書いてもらってます。

田中さんに書いてもらった「希望のイチゴ」から

更に発展させた技術も書いてもらってます。

「希望のイチゴ」とこの本あったら

だいぶ自然栽培イチゴ作れる情報量があると思います。


今年のイチゴは



平谷村で育てた苗を豊田まで運んで



農福連携で一気に植えました。

このとき植え穴を掘り直していた田口君が

手のひらにできたマメを潰して痛そうにしていました。

「痛かったら他の作業に移っていいよ」

と言ったのだけど

田口君はニコッと笑って

穴を掘り続けてくれました。

任された仕事を自分がやらないとイチゴ定植進まないからと

感じてくれているんだろうと思いました。

こんな場面場面が

自然栽培は皆の気持ちが入ってやれているんだと

強く思います。



植えた苗は季節外れの暑さや台風で一時やばいかもと思う症状が出ましたが、

また皆で頑張って管理する中で

新しいきれいな葉が出てきてくれてほっとしてます。



お米はまだ収穫できないけど、

順調に育って

10月24日あたりから収穫する予定です。

育てる期間を遅らせる手は

ここ2年間高温障害を完全に回避できて

カメムシ害も少ない状態でできています。
























  


Posted by みどりの里 at 12:16 │お知らせ

コメントをする・見る(1)