ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › いちご › 自然栽培イチゴに変化が
2019年01月06日

自然栽培イチゴに変化が

自然栽培イチゴに変化が

イチゴたちは年が明けようがなんだろうが

変わらず成長を続けてくれています。

自然栽培イチゴに変化が

毎日朝水やりして

自然栽培イチゴに変化が

毎日少しづつ色んできてくれてます。

自然栽培イチゴに変化が

1月2日あたりでも糖度は16.9度ありました。

自然栽培イチゴに変化が

1月6日の今日もどんどん成長を続けています。

自然栽培イチゴに変化が

小さめなイチゴでも糖度16.2度ありました。

糖度12度以上で高糖度と言われるので

天気に左右されず

水やりに左右されず

糖度は高いまま栽培できています。

自然栽培イチゴに変化が

畝間にはしっかり水がたまっています。

自然栽培イチゴに変化が

マルチをめくると根が張っているのが見えます。

自然栽培イチゴに変化が

粘土圃場でも毎日水やりして

自然栽培イチゴに変化が

根をしっかり作ります。

無肥料でなければ毎朝水やりして根を作ることは不可能です。

根腐れ起こすか病気で枯れます。

無肥料でも根を作りながら糖度をのせていくことは12月まではできてたけど

例年だと1月からは無理でした。

でも今年はまだそれができてます。

例年は根を弱らせて実の味をのせるために

夕方の水やりで土を冷やして根を弱らせて糖度を上げていました。

でも今年は朝水やりして根を作りながら

糖度を上げておくことができています。

これは不可能だと思ってました。

今年も試行錯誤していろいろ試していますが、

その中の1つがもしかしたら自分の栽培の常識を破ってくれるかもしれないです。

こういう発見が面白くて自然栽培にはまってます。

イチゴの自然栽培をもっといい栽培にしたくて

未だにたくさんの挑戦を栽培に散りばめてあります。

いつまでこの状態を維持できるか

今年の栽培の楽しみになってます。

同じ品種をずっと栽培し続けているけど

自然栽培イチゴはまだ私の知らない面を見せてくれてます。

まだ数日いい状態を例年より更新した程度なので

もうちょっと様子をみて

原因や効果がはっきりしてきたらまた書きます。

今年も面白くなりそうだな。








同じカテゴリー(いちご)の記事画像
イチゴ苗避暑地へ
たくさんの方々と自然栽培農福連携
自然栽培イチゴクリスマスに
中京大学生たちと自然栽培
自然栽培イチゴ保温
自然栽培イチゴの定植後
同じカテゴリー(いちご)の記事
 イチゴ苗避暑地へ (2020-07-17 09:02)
 たくさんの方々と自然栽培農福連携 (2019-07-11 11:10)
 自然栽培イチゴクリスマスに (2018-12-23 10:33)
 中京大学生たちと自然栽培 (2018-12-14 22:21)
 自然栽培イチゴ保温 (2018-11-03 08:11)
 自然栽培イチゴの定植後 (2018-10-15 10:06)

「いちご」カテゴリーを一覧で見る

この記事へのコメント
はじめまして。いきなりコメント失礼いたします。
現在一歳のこどもがいます。
その子はイチゴがとても大好きで今までは、農薬のことを知らずに普通にうられてるイチゴを食べさせていました。
知り合いの人からイチゴの農薬のことを聞き、無農薬や有機栽培でいろいろ調べていたら、こちらのイチゴの事を知りました。やまのぶは梅坪店だけでしか取り扱いがないのでしょうか。現在安城市というところにすんでおります。
ですが、実家が豊田市なので、もし、家や実家の近くでもあれば教えていただけたらと思います。又、個人的には売買できますでしょうか。
お忙しいところすみませんがご連絡頂けると助かります。
Posted by 橋本 at 2019年01月20日 21:42
橋本さま

はじめまして。メッセージいただきましてありがとうございます。
返信が遅れてしまいましてすみませんでした。
イチゴはやまのぶ梅坪店に納品するため梅坪店にあることが
一番多いですが、市木店、四郷店、野見山店、若林店、矢作店、
上郷店のいずれかの最寄りの店舗でのお受け取りもできますので
最寄りの店舗の青果のごんべい担当者にご希望のパック数と
日時をお知らせいただければと思います。なお直売はして
おりません。ご不明な点がありましたらまたご連絡ください。
ありがとうございました。
Posted by みどりの里みどりの里 at 2019年01月23日 10:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。