ブーログ › 農業生産法人みどりの里ブログ › お米 › 自然栽培稲刈り2020
2020年10月29日

自然栽培稲刈り2020

自然栽培稲刈り2020

10月15日から稲刈りを開始しました。

自然栽培稲刈り2020

いつもより少し早めですが、

もう周りに稲がない状態で

ウンカやスズメが怖いところです。

自然栽培稲刈り2020

草が少ないエリアが今年はだいぶ増えました。

自然栽培稲刈り2020

彼らが春に草の種を除去してくれたおかげです。

自然栽培稲刈り2020

ここでもコンバインに乗せてあげると

自然栽培稲刈り2020

自分たちの頑張りが実ったことを実感できます。

自然栽培稲刈り2020

今年も高温障害出てしまいました。

北の山間地に近づくほど穂が垂れない症状が出ます。

周辺の田んぼでも今年は昨年より酷くそれが出ていて

うちもかなり減収かと思いきや

品種変えたり、作付け遅らせたり、

いろんな対策を打って昨年より収量は格段に上げることができました。

でもこの高温障害はまだ完全解決には至りませんでした。

3年前くらいは8月のお盆の後は涼しくなって出穂に適した気温になっていましたが、

2年前からお盆後のほうが最低気温が高くなって

今年は9月上旬まで25度以上が出ていて

これが一番の原因だとはっきりわかりました。

出穂時期を9月に入ってからできれば

ちゃんと穂が垂れてくれるはずです。

ここまで原因を絞り込めたのは

周囲の田んぼで同じ品種をやっていても

出穂が早い田んぼほど穂が立ってしまう傾向があり、

遅いほど穂が垂れる率が高くなっていました。

たった3日の違いでも見栄えが変わるくらいだったので

かなりおしいところまでは対策は進んでいました。

平地では意外とこの症状まではいかず

粃(空籾)が出るくらいですみます。

標高の低い山間部に多く出るのは

盆地っぽい地形になって

暑い空気がたまりやすいからではないかと思ってます。

今年はカメムシは昨年より少なかったので

カメムシのせいではなさそうです。

品種を変えても穂が立ったので

品種や栽培方法も原因ではなさそうです。

出穂時の最低気温が構音障害の出方と一致します。

遅らせると収穫時に周りの稲がなくなるので

スズメが怖いと思っていたのだけど

ここ2年でスズメが激減しているように思います。

今年はうちだけが田んぼ刈らずに残っていたのに

スズメの害がほとんどありませんでした。

遅らせても大丈夫な可能性が大きくなってきました。

いろいろ問題は起きていますが、

今年はやまのぶで販売する量はしっかり確保できたので

異常気象に適応しつつあります。

今年も美味しい自然栽培米が採れました。

新米やまのぶで販売中です。

ぜひ今年の自然栽培新米をご賞味ください。




同じカテゴリー(お米)の記事画像
新米販売開始しました
シンシア豊川さんとこの自然栽培稲刈り
今年の自然栽培田んぼは雑草がおとなしいです
自然栽培仲間と稲刈り
たくさんの方々と自然栽培農福連携
自然栽培稲作始まってます
同じカテゴリー(お米)の記事
 新米販売開始しました (2021-11-19 22:07)
 シンシア豊川さんとこの自然栽培稲刈り (2020-10-14 00:36)
 今年の自然栽培田んぼは雑草がおとなしいです (2020-07-07 22:35)
 自然栽培仲間と稲刈り (2019-10-25 09:59)
 たくさんの方々と自然栽培農福連携 (2019-07-11 11:10)
 自然栽培稲作始まってます (2019-05-21 22:29)

「お米」カテゴリーを一覧で見る

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自然栽培稲刈り2020
    コメント(0)