2018年07月06日

大学生たちと自然栽培ミニトマト体験



自然栽培ミニトマト畑に大学生たちが

自然栽培体験に来てくれました。

堀部さんが畑作業をして収穫した野菜を食べたとき

すごく感動して、皆にもこんな感動を体験してもらいたいと

大学でサークルを立ち上げてみどりの里へ来てくれました。

ここまでに堀部さんは一人でみどりの里へ作業を手伝いに来ては

人を呼べるか打ち合わせてくれてました。



ミニトマトもちょうどなっていて

皆も作業がてら食べてみることができ

感動してくれました。

「採りたての野菜を食べられるなんて贅沢だなー」

とか

「こんな美味しいトマト初めて」

とか

また都合よくトマト嫌いな子が来てて

自然栽培の野菜は野菜嫌いな子でも食べれたりするから食べてみてよ

と勧めると

「あっ!ほんとだ。食べれる」

と驚いてました。

これが自然栽培やってて面白いところです。

野菜嫌いな子は硝酸態窒素の味が嫌いなだけで

自然栽培のように肥料を使わずに作ると

その値がかなり低くなるので

野菜嫌いな子が食べれる現象が起きます。

ちなみに私は子どものころすごく野菜嫌いだったので

野菜の嫌いな子が何が嫌で食べないのかよくわかります。

野菜は硝酸態窒素が高くなると必ず

青臭くなったり消毒のような臭いがして、苦味やえぐみが増え、繊維が口の中で残るようになります。

糖度も下がり、水っぽくなりますが、その水っぽさがうっすらまず味を帯びています。

それが嫌なんです。

肥料に頼り切った栽培をすると硝酸態窒素の値は上がりすぎてしまいます。

肥料以外に野菜の成長を促せる手段を持っていると硝酸態窒素の値を上げすぎずにすみます。

野菜嫌いな子で自然栽培ツアーを組みたいくらいです。

何人が嫌いな野菜を食べれるようになるでしょうってな感じで。



今回はトマトの枝が通路を塞ぎ始めているので

フラワーネットに枝を入れる作業をしてもらいました。



こんな作業じゃつまんないかなとちょっと心配してたんだけど

楽しんでもらえたようでした。

皆は普段名古屋の大学でコンクリートで囲まれた場所が生活圏なので

こうやって緑に囲まれていることでずいぶん新鮮な気持ちになれるそうです。

カエルやイタチがいたら喜んでいたくらいで

みどりの里の畑の中で

非日常を感じてドキドキしていてくれたようです。



まだまだ青い実がたくさんスタンバってくれています。

今日の雨

梅雨明けの暑さとトマトにとっては悲惨な環境が襲い掛かってきますが、



遮光ネットを開けたり閉めたりしながら

なんとか持ちこたえさせて



皆さんに自然栽培ミニトマトを提供し続けたいです。











  


Posted by みどりの里 at 14:42 │野菜

コメントをする・見る(2)

2018年06月20日

やまのぶ新入社員研修



今年もやまのぶ新入社員研修でみどりの里へ5名が来てくれました。

もうこっちは田んぼ畑作業がたまりにたまっていたので

非常に助かってます。

今回は田んぼの除草ではなく

畑作業に入れました。

自然栽培ミニトマトのフラワーネット張りが遅れていたので

ここでやまのぶ新入社員とみどりの里と無門福祉会の連携作業となりました。



新入社員さんたちがネットを結びつけていきます。

無門さんの障害者さんたちは結べないので

ひもを切って用意していきます。



皆がどんどん作業を進めるので

ひももがんばって切らないと間に合いません。

みどりの里メンバーはフラワーネットを25mに切って用意していきます。

これもけっこう追われていました。

この感じがすごくいいです。

農福連携で障害者さんが活躍すると口で言っても伝わらないものです。

この中に入って健常者も障害者も一緒に仕事をすることで

ものすごく作業が進みます。

仕事の中にはちょっとした作業というのがあり

ここではひもを切っておくような作業や

フラワーネットをちょっと持ってもらったり

そんなちょっとした作業に障害者さんたちの手が活きてきます。

実際防草シート張りでは障害者さんたちが先に広げておいてくれるサポートをしてくれたおかげで

100m8本と25m20本の防草シート張りが半日で終わりました。

こういう互いを意識し合う仕事だと

さぼる人も出てこないし

障害者さんたちも自分がやらなきゃいけないと率先して仕事を進めてくれます。

最近は自分で仕事を見つけるまでになってきました。



ニンニク収穫もこの連携で進めました。



掘る人もいれば

葉や根を切る人

運ぶ人など障害者さんも健常者も一緒に作業することでうまくいきます。



自然栽培ジャンボニンニクがたくさん採れました。



ミニトマトも色んできてます。

この写真は6月7日の写真なので

もう房ごと色んでます。



豊森なりわい塾のメンバーが来てくれたときに

自然栽培の美味しさを話していて

本当に美味しいか証明せねばと思って

このミニトマトを食べていただきました。

「おいしいー!!」

「悔しいけどおいしい」

と言ってもらえました。

農福仲間皆で頑張って育ててきた自然栽培夏野菜たちもそろそろ出荷されますので

楽しみにしていてください。


  


Posted by みどりの里 at 10:29 │野菜

コメントをする・見る(0)

2018年03月19日

自然栽培畑も賑やかになってきました

厳しかった冬が終わって暖かくなってきました。



寒さを乗り越えるためのトンネルも片づけなくてはなりません。



もう寒くないので障害者さんたちも穏やかな顔で畑に集まってきます。



足が悪くて畑で活躍しづらい桐沢さんも

片付け作業では大活躍です。



無門福祉会の重度な障害を持つ人たちも

こういった片づけ作業では

活躍できる場面が増えます。

設置するより片づけのほうが簡単です。

活躍できてると表情もいいです。



奥ではストレートアライブさんのA型の障害者さんたちが

ダイコンとカブの間引き作業をしています。

A型(軽度)、B型(重度)、私たちや、遠藤さんや林さんといった農家も集まってくれてます。

この日は「コトノネ」の取材もあったので皆カメラに写ろうと

いつも以上に畑に人がいます。

春らしい賑やかな光景になってて

自然栽培野菜たちも賑やかなのはうれしそうです。


カブも膨らんできてます。



ダイコンも一気に育ってきてます。



苗場ではレタスなどの野菜も春を待っていました。



若者サポートステーションの皆も来てくれて

無門福祉会さんと連携して苗を定植していきました。

彼らも自然栽培畑で普段できない体験をして成長していきます。

土に触れることがもう普段できない体験となってますので

作業しながらカエルを見るだけで感動です。


無門福祉会のみどりの里班は定植慣れしてきてます。



山崎さんは高齢だけど農作業してるときはいつも

子どものころに親を手伝って農作業していたときのことを思い出して、

楽しいみたいです。


いい感じです。


どんどん進んで2時間で7畝が終わりました。



うまくいってるとこは自然栽培イチゴがわんさとなってます。

ここも春だ春だと活気づいてきました。


キャリアセンターさんから職場体験に来た子も

1週間がんばって農作業に入ってくれました。

働けるようになりたいと

自然栽培畑の中で成長していってくれました。

だんだん作業時間を自分から長くしていけたので

素晴らしい進化だったと思います。


グリーンママンさんたちとの自然栽培田んぼも今年もやります。

先週説明会がありまして

4月26日に塩水選からスタートします。

この企画は自然栽培稲作だけでなく農福連携も体験できますので

1年参加すると一気に自分の世界が広がります。

グリーンママンさんが雑草に夢中になってて

食べられる雑草をみどりの里の果樹畑で育てる企画も今年はあるようです。

先週は本当にたくさんの人が春だ春だと集まって

楽しい1週間でした。
  


Posted by みどりの里 at 19:18 │野菜

コメントをする・見る(0)

2017年10月07日

自然栽培サツマイモ堀り



今年6月に収穫したジャンボニンニクを

そのまま乾燥させて保管して

今回はそのニンニクを皆で植えました。



穴を掘る人と

植えていく人と



覆土する人と分けて作業をすることで

スムーズに仕事が進んでいきました。



障害者さんだからできないことを前提に進んでいた仕事が

最近はできることを前提に仕事が進み

ときには「ちゃんとやって」と怒られてます。

仕事ができると期待されているから

怒られるんです。

最初からこの人たちはできないと諦められていたら

誰も怒らないでしょう。

みどりの里へ来てる障害者さんたちはすごい成長を遂げています。

80m近くある畝をみどりの里班だけで2畝植え終わりました。

本当に何でもできるようになってます。



この土は粘土です。

今年は畝を壊さず不耕起栽培で挑みました。

すると昨年は耕したせいでガチガチのゴロゴロだった土が

今年は耕さなかったおかげで

すごく柔らかくて細かくなってました。

やはり粘土畑は耕さないほうがいいようです。

すごく植えやすくなってました。



ポットの土詰め作業です。

この作業は障害者さんたちの最初の初級の仕事になります。

ここへ新しい班がやってきました。



前回は車から降りてくることができなかった人も

何度も来るうちに降りて作業ができるようになりました。

最初は緊張しているのでしょう。

慣れてくれば皆仕事したがります。

皆で力を合わせればできないと思われてた人もできる人に変わっていきます。



職員も新しい仕事を覚えていきます。

お米の精米や色選作業です。

職員がまず覚えて仕事に慣れてくると

そこへ障害者さんを連れてきて作業の一部をまかせていきます。

無門福祉会さんやみどりの里のお米を任せられる班を作っていきます。

これは雨とか関係ないので安定的に仕事がある状態になります。



毎年恒例のサツマイモ堀りです。

まずはつるの片づけとマルチはがしです。

これらの仕事はストレートアライブのとものわメンバーがやってくれます。



彼らももう複数回やっている仕事なので

だんだんスムーズに仕事が進むようになり

ブルーシートでつるを運び出したりと

作業効率もどんどん上がっています。



そして次の日にサツマイモ堀りが始まります。

若者サポートステーションの皆も呼びました。

彼らもこの作業は楽しみにしています。



無門福祉会の普段みどりの里に来ないメンバーも大集合です。

サツマイモ堀りというのはお祭りみたいなもんです。

どんどん土の中からきれいな紫のイモが出てくると

作業という気分ではなく

楽しいイベントに参加している気分なんです。



普段働いてない障害者さんも

このときはかなり能力が開花します。



いもの見落としはあとから私たちで見直してます。

もっと見落としがあるかと思ったら

けっこうちゃんと掘れてました。



皆夢中で掘り続けて休憩を忘れているくらいでした。



最近小野里さんがたくましいです。

空コンテナを運んできて

サツマイモを入れてまた運び出してくれます。

歩くのがゆっくりな太田さんも何度も運び出してくれました。

不思議なことにサツマイモ堀りは障害者さんの力がいつもより発揮されます。

今年は皆がすごい力を発揮してくれることを知っているので

期待して呼んでます。



明日は雨だからと昨年より広い面積でしたが、



1日で片づけました。

みどりの里だけでは絶対終わらない作業量です。



やったー終わったぞー!

今年も皆で記念写真を撮りました。

彼らのおかげで毎日の農作業が楽しいです。


  


Posted by みどりの里 at 22:29 │野菜

コメントをする・見る(0)

2017年08月09日

賑やかな自然栽培



いつもはひたすら浩美が自然栽培ブルーベリーを収穫していますが、

今回は高校生の職場体験ということもあって

ブルーベリー収穫なら農業体験として

いい思い出になるかと思って一緒に収穫しました。



今年も鳥の害はほとんどないまま収穫し続けてます。



うちの子たちも暇だと

畑でカタツムリを探してきて遊んでます。

ときどき子どもたちはブルーベリーに襲い掛かってきますが、



手伝ってくれることもあります。



隣の自然栽培オクラ畑では

ストレートアライブさんが収穫しに来てくれてます。

初めて畑作業をやる軽度な障害者さんたちです。

炎天下の中ではきつい作業ではありますが、

オクラから人生の厳しさと

世の役に立つ喜びを教えてもらっているようです。

最初は採ることでいっぱいいっぱいで

取り残しやサイズを合わせることがなかなかできなかったので



昨年オクラ収穫をやっていた

無門福祉会のみどりの里班も合流して改善していきました。



そうやって合流していくことで

畑で作業しながらすれ違うときに会話が弾んだり

なんだか楽しい雰囲気になってきます。

そんな雰囲気の中だと

野菜たちにもいいエネルギーを供給できるような気がします。

ストレートアライブさんは収穫だけでなく

みどりの里の田んぼも維持してくれています。



大きい草だけの除草ですが、

今年は空梅雨だった6月に

水が来ないトラブルが多発していて

ヒエが育ってしまいました。

それを週に3~4日4時間除草してもらってます。



このエリアのよその田んぼですが、

水が来ないと除草剤をまいてあってもこうなります。



うちの田んぼも何もしなかったらそうなってしまうという危機感から

雑草が小さいうちから1日3反以上できるペースで取り続けてきたので

この水が来なかったエリアでも

ヒエや他の雑草に囲まれることなく作ることができました。

ストレートアライブさんたちの障害者さんたちが

田んぼをきれいにしてくれるから

田んぼをやらないかと声をかけてもらえたり、

評判を落とさずに無農薬の自然栽培を拡大し続けていけます。

こうやってしっかり結果を出して

障害者さんたちが無農薬栽培に適した人材であることを

しっかり打ち出していきたいです。






  


Posted by みどりの里 at 22:50 │お米野菜

コメントをする・見る(0)

2017年06月21日

ジャンボニンニク収穫



ずっとタマネギで使っていた畑を

最近圃場が広がりすぎて手がまわらなくなってしまうので

もう少し作るのが楽なニンニクに切り替えました。

6月15日に収穫です。

最初はやまのぶ新入社員だけで開始しましたが、



無門福祉会さんのみどりの里班の皆が登場して

賑やかさんは5倍増しになりました。

多少謹慎気味だったよしえさんは

今日から収穫作業に入ることを許可されました。

やっと念願の収穫作業に入れるよしえさんの喜びは大爆発です。



そこへちょうど今日が作業日だった若者サポートステーションの皆も来てくれました。

収穫作業は皆でやると楽しいです。



いつも誰もいない畑がいきなりにぎわっているので

近所のおじさんも何事だと見に来ました。

「これは無肥料無農薬の自然栽培で作ったニンニクです。」

と言うと

「ものすごい量があるじゃないか」

「堆肥とかも使ってないのか」

人も多くてびっくりだけど

自然栽培もびっくりだなと首をかしげて帰っていきました。

ここは何度か失敗して同情されてた畑だったので

念願の近所の人のリアクションに到達できました。



みどりの里では一番若手の天野くんも

作業を教える機会に恵まれます。



適地適作がありますね。

適地となれば手が本当にかからず作れました。



雨がなさすぎてカチカチの地面で引っこ抜けないので

スコップで少し柔らかくしてから抜きました。



どんどん運ばれていきます。



今回は購入ニンニクと昨年の収穫のときに保管しておいたニンニクを植えて採りました。



自分で採ったニンニクのほうがきれいなニンニクができました。

生育スピードは購入ニンニクのほうが早かったです。

でもこれくらいの品質になるなら

ニンニクは購入せずにここからいいものを選んで

また植えて作る方法がとれそうです。



たくさん採れたので売り切らねばと思っていたところ

「ほがらか」でむき身ならたくさん買えるよと言ってくれたので

みどりの里班の午後からの仕事となりました。



まだ乾ききっていないので

向いているとタマネギみたいに涙が出てきます。

もうすぐ乾いてしまうから

そしたら大丈夫だね。




  


Posted by みどりの里 at 15:05 │野菜

コメントをする・見る(0)

2017年04月29日

スナップエンドウ収穫中



スナップエンドウの季節がやってきました。



今年は収穫が早くできそうな品種を入れて

収穫期間が長くなるといいなと思って挑戦しました。



花もたくさん咲いてます。

5年くらいエンドウ畑として使い続けてます。

連作障害が出るかの実験もかねてやってます。

連作障害がすぐに出ることはなくやってきましたが、

もしかしてこういう症状が連作障害になっていくのかなと思えるものも

今年少し見えてきました。

まだ栽培途中なのではっきりはわかりません。

エンドウは連作障害の代表作物みたいなものなので

無肥料でも出るかなと思って毎年やってます。

無肥料でやってるとそういう症状が出てくるまでが

肥料を入れる栽培より遅いかもしれません。

とりあえず今も収穫はできてます。



この時期は稲もあるし、イチゴもあるし、野菜もあるしと大忙しです。

以前はエンドウを誰が採るんだという状態で

会長が採りに来てましたが

今は優秀な障害者さんチームがいてくれるので

安心して収穫をまかせられます。



早い品種も組み込んだので

例年より収穫が早いです。



畑で選別しながら収穫ができないので

収穫して戻ってきてから選別開始です。



皆こういった作業に慣れてきているので

ちゃんと見極めてくれます。



私がお米作業に追われていても

障害者さんたちの頑張りのおかげで

ちゃんと野菜が袋詰めされ皆さんに届くようになってます。



もう草刈りの時期でもあります。

ストレートアライブさんたちは草刈機を扱えるので

田んぼのあぜの草刈り中です。

皆年々上手になり、

新しいメンバーも次々と覚えてくれてます。

安心して田んぼを増やせます。



ダイコン



カブ



山東菜



レタス

早く採らないと花が咲いてしまうので

頑張って収穫してます。



ブルーベリーが開花してます。



下向きのかわいい花がわんさとつきます。



ミツバチがやってきました。

全ての花をまわるつもりでしょうか。

気が遠くなるほど花がついてます。

ミツバチも大変な仕事をしてます。




  


Posted by みどりの里 at 21:34 │野菜

コメントをする・見る(0)

2017年03月31日

春に向けての自然栽培野菜たち

毎月毎月どころか毎日毎日

自然栽培を皆に提供していきたくて

秋から冬にかけて種を播きまくってました。

まだまだ出荷が途切れてしまうことが多いですが、

お米は毎日お店にあるし、

最近はイチゴも毎日あるし、




(毎日無門福祉会の皆もイチゴ収穫してます)

あと野菜だなー。



スナップエンドウやグリーンピースたちの支柱を

ストレートアライブとものわさんたちと作りました。

キュウリネットが本当は絡ませるにはちょうどいいんだけど

片付けるときが大変なのでマイカ線を張ってこの中に納まっててください

という感じで支柱を立ててます。



グリーンピース



スナップエンドウ



収穫期をずらそうと早く収穫できるスナップエンドウを植えたら

寒さに弱いのか傷みました。

まだ新しい芽があるようなので

暖かくなれば大きくなってくれるだろうと願ってます。



そしてソラマメ。

昨年はアブラムシで全滅させてしまいました。

その前の年は収穫できたのに。

昨年変更したポイントをもう一度見直して

アブラムシが出ないように今年は手を打ったつもりです。

苗を作らず直播にしただけです。



花にもアブラムシいない。



成長点にもアブラムシいない。

いいのか?あたりか?

あとは暑さが来る前に収穫できるかどうかです。

昨年はだいぶ温度がおかしくて狂わされてしまったので

今年はどうかよろしくお願いします。

また皆でエンドウ狩りがしたいです。



春のダイコンたちがトンネルなしになって大きくなってきてます。



トンネル内で大きくした葉は薄くて弱いのか

トンネル外したらちょっと痛んでしまいました。



でも中心から外の気候にあった丈夫な葉が出てきてます。

春に向かって作るのはだんだん栽培が楽になっていくので

気持ちも明るくなります。



間引き菜も採りながらちょっとダイコン早いけど収穫してみました。



100mくらいカブです。



花が咲く前に収穫しきれますように。



まだ小さいのが多いので中カブサイズになったものからちょっとずつ収穫してます。



3月に植えた山東菜はまだ寒いと言ってます。

なかなか大きくなれずにいます。



サニーレタスもちょっとずつ大きくなってきてます。



サニーレタスと同じ日に同じやり方で育てても

グリーンリーフは圧倒的に早いです。

赤より緑のほうが有利に進むんだね。



少しだけ収穫してみました。



玉レタスは動きなしです。



ここには



初めてのニンジンがいます。

か弱すぎる。

勉強会で皆で情報を出し合ったニンジンを

早速試してみました。

3/3~8くらいまで種まいてましたが、

今年の3月は寒かったのと雨が少なくて

20日ごろの雨で一斉に発芽しました。

それまでは1つも出ないので完全に失敗したかと焦ってました。

種まいた後はいつも心配になります。



夏に向けてピーマン



ミニトマトもすでに育ち始めてます。



そしてうちの社員の天野君もトラクターを覚えて

田んぼを耕してます。

天野君も育ち始めてます。
  


Posted by みどりの里 at 16:01 │いちご野菜

コメントをする・見る(0)

2017年03月03日

3月5日 環境サロン 自然栽培勉強会

家庭菜園の方向けの内容で、

環境サロン 自然栽培勉強会

3月5日(日)の13:30~15:30
秋葉いこいの広場環境学習センターエコきち(2F多目的室)
安城市大山町1-7-1
0566-76-7148

にて行います。

毎月の勉強会に参加してくださっている

神谷さんたちが安城市で企画してくださってます。

これで2回目となり、

前回よりも畑の作り方を詳しく話す予定です。

興味のある方はぜひご参加ください。

自然栽培イチゴも販売する予定です。


現在のみどりの里の自然栽培は



外は寒いので

ハウス内で苗を育てていたり、



サニーレタスや



リーフレタスがトンネルの中ですくすくと育ってます。



不織布の中で越冬していたエンドウたちも

3月になり暖かくなってきて

大きくなってきたので



不織布を外しました。



寒さや風にに耐えてきましたという姿です。



昨年失敗したソラマメにも今年数を減らして挑戦します。

2年前にうまくいったやり方に少し戻しました。

アブラムシ対策は苗を作らず

直播に変えたことです。

アブラムシの原因を苗土の養分と

寒いのに大きくなりすぎた根にあるとみてます。

今のところアブラムシは少ないままでいてくれてます。

昨年はこの時期にはもっと大きくなっていて

アブラムシがすでにひどかったです。

昨年よりは今は全然いい状態ですが、

最後までそういう状態で進むかはやってみないとわかりません。



大根もだんだん大きくなってきてます。

まだ間引きをする段階ですけどね。



カブも春を感じているようです。

4月に皆さんに届けられればと思って作ってます。

全て無肥料無農薬の自然栽培です。

寒くても頑張れます。



夏野菜の播種も始まります。

今年はトマトの接木をやってみたくて

早速台木の種をまきました。

とにかく昨年よりいい結果にするためには

何かを変えて新しいことに挑戦しなくてはなりません。

挑戦しなければ結果は必ず落ちると思います。

改善が結果的に改悪だったとしても

たくさんの情報を得ることができ、

更に栽培は磨かれていき

安定した生産に1歩1歩近づいていきます。

そして新しいことに挑戦しないと

心が停滞して仕事の楽しみが減ります。



常に挑戦し続けている障害者さんたちです。

収穫は毎日やります。



勝間田さんは今年イチゴのパッキングに挑戦しています。

持ち前の丁寧な性格がこの仕事に向いているようで

私たちより上手にイチゴを並べてくれます。



きれいなもんです。



シートにシールを張って用意することも



イチゴの下にひく緩衝材を作ることも

イチゴの出荷準備に必要な仕事です。

それらをそれぞれが分担して

イチゴのパッキング作業を完成させます。

素晴らしいチームプレーができてきました。

ポットの土詰めに時間がまわせなくなりつつあるので

無門福祉会の中でまだうまく働けていない人たちに

ポット土詰め作業を覚えてもらって

その人たちの能力も向上させていく予定です。

仕事が人を育てるということに自信が持てるようになりました。

新しく来てくれるメンバーが楽しみです。





  


Posted by みどりの里 at 08:48 │いちご野菜

コメントをする・見る(2)

2017年01月14日

今年も自然栽培と農福連携を進めていきます



これで3年目の農福連携によるわら焼き作業になりますでしょうか。

この田んぼに来てくれてる班は

普段みどりの里へ来ている班ではなく

もう少し重度な障害を持つ人たちも多いです。

冬にわらの処理を済ましておくことで

夏の草取り作業が楽になることはわかっていますので

夏の仕事を減らすために

冬に夏の仕事を分散させているようなイメージです。

この作業は進めていただけると、

うちが非常に助かるのはもちろんですが、

無門福祉会さんの中でなかなか作業ができない重度な障害者さんの

仕事場にもなり、

この作業は無門さんの中でも重宝されています。

仕事ができなくても、仕事場にいられるだけで

障害者さんの気分もずいぶん晴れてくるものです。

この作業が進んでいるうちに



ホウレンソウ、山東菜などの収穫が進み



出荷準備も進んでいきます。



この山東菜は12月に愛知県の福祉施設のスタッフさんたちと

実施研修という形で皆で定植した山東菜です。

収穫までたどり着けて

立場上ほっとしてます。

寒い中で自然栽培やるのはけっこう難しいんですよ。



そして畑では春のダイコンやカブに向けて

ストレートアライブさんたちとトンネル作りをやってます。



1本が100mあるので

もう皆でやらないと作業が終われないです。

春は自然栽培のような無農薬野菜は品薄になります。

今の極寒期をくぐってこなくてはならないからです。

手間がかかりすぎてしまうところを

農福連携でこなして

難しくなる栽培時期をクリアしていきたいです。



イチゴは寒くてなかなか色ませれないです。

秋の長雨で大ダメージを受けて

それを取り戻そうと頑張ってますが、

9月10月の生育をその後の11月12月で取り戻そうとしても

温度が足りないので生育が遅くなってしまって

収穫が大変遅れます。

それでもヨトウムシや管理をあきらめないようにして

今青い実がちゃんと出荷できるように頑張ってます。



勝俣さんとようこさんは仲がいいです。

勝俣さんは障害者さんとして班に入っていますが、

この1年での成長ぶりは目を見張るものがあり

今では、他の障害者さんのお世話をしながら

作業を進めています。

もう黙っていても

スタッフも障害者さんも成長していきますし、それを喜んでます。

だから昨年より今年は更によくなってしまいます。

新しい連携パターンや作業もさほど苦労せずに増えていくでしょう。

みどりの里は気づけば今年は7.5haくらいになりそうです。

これがまた新しい農福パターンを生まなくてはならない環境になります。

昨年できた仕事はもうできるパターンとして存在して

そこで止まっていては今年は勝てない環境を作っておきました。

今年は更に新しいパターンで新しい環境を作ります。

ストレートアライブさんとは畑を共同で作っていく場所を新しく1反ほど用意しておきました。

昨年は関わりの薄かった無門さんの畑のほうとももっと関わって

互いに助かる関係をもっと強化していきたいです。

今年、農と福祉の共同体構想をどこまで進めていけるか楽しみです。


  


Posted by みどりの里 at 11:20 │いちご野菜

コメントをする・見る(1)